FC2ブログ

マゾヒズム文学の世界

谷崎潤一郎・沼正三を中心にマゾヒズム文学の世界を紹介します。

目次


はじめに
マゾヒスト・谷崎潤一郎―真に理解しうる人々による真の理解を目指して

総論
日本のマゾヒズム文学の三大要素
スクビズム総論
苦痛と陵辱
愛情の一方通行
女の忘却
手段化法則と物化倒錯
生体家具の代替性と慈畜主義
セルヴェリズムとパジズム
トリオリズム総論
ミスター・ポストマン―マゾッホと谷崎のトリオリズム
白人崇拝論
明治人の仰ぎ見た西洋人
韓国崇拝論
ドミナの類型学
「思想小説」か「好色文学」か
谷崎潤一郎と沼正三の共通点と相違点

谷崎潤一郎序論
『創造』論~美男美女崇拝
『女人神聖』論~貴族の兄妹、奴隷の兄妹
『嘆きの門』論~華族様の恋

谷崎潤一郎のスクビズム
『少年』論~スクビズムの楽園
『富美子の足』論~やっぱり足が好き!
『捨てられる迄』論~堕ちていく快楽、委ねる快楽
『神童』『鬼の面』論~自慰と妄想の青春

谷崎潤一郎のトリオリズム
『饒太郎』論~新たなる快楽の扉

谷崎潤一郎全集全作品ミニレビュー
第一巻 <「象」「刺青」「麒麟」「少年」「幇間」「飆風」「秘密」「悪魔」「羹」「続悪魔」他>
第二巻 <「恋を知る頃」「熱風に吹かれて」「捨てられる迄」「春の海辺」「饒太郎」「金色の死」「お艶殺し」他>
第三巻 <「創造」「法成寺物語」「お才と巳之助」「獨探」「神童」「鬼の面」他>
第四巻 <「恐怖時代」「亡友」「人魚の嘆き」「魔術師」「既婚者と離婚者」「鶯姫」「異端者の悲しみ」他>
第五巻 <「女人神聖」「仮装会の後」「少年の脅迫」「前科者」「人面疽」「金と銀」「白昼鬼語」他>
第六巻 <「嘆きの門」「西湖の月」「富美子の足」「或る少年の怯れ」「秋風」「天鵞絨の夢」他>
第七巻 <「途上」「検閲官」「鮫人」「蘇東坡」「月の囁き」「鶴悷」「AとBの話」他>
第八巻「愛すればこそ」「青い花」「永遠の偶像」「彼女の夫」「お國と五平」「本牧夜話」「白狐の湯」「アヱ゛・マリア」他

谷崎潤一郎作品の二次創作
『悪魔』『続悪魔』の二次創作
『鶯姫』の二次創作
『無明と愛染』の二次創作
『神童』の二次創作

谷崎潤一郎小事典
谷崎潤一郎歳時記
谷崎潤一郎作品に出てくる作家・本
谷崎潤一郎作品に出てくる食べ物

沼正三のスクビズム
『手帖』第三章「愛の馬東西談」~アリストテレスの馬
『手帖』第一三八章「和洋ドミナ曼陀羅」~ドミナを選ばば曽野綾子
『手帖』第二八章「性的隷属の王侯たち」

沼正三の白人崇拝
沼正三の白人崇拝(1)―英伊混血女性との文通

『ある夢想家の手帖から』全章ミニレビュー
第1巻「金髪のドミナ」
第2巻「家畜への変身」
第3巻「おまる幻想」
第4巻「奴隷の歓喜」
第5巻「女性上位願望」
第6巻「黒女皇」

家畜人ヤプー図鑑
プキー
ピートル

沼正三小事典
『ある夢想家の手帖から』に紹介されている文献
『ある夢想家の手帖から』に紹介されている映画
沼正三の谷崎潤一郎論

戦後の風俗小説
大和勇「金髪少女クララさま」「金髪パーティ」
田沼醜男「黄色いかなしみ」

外国文学
ドミナの言葉遣い―佐藤春夫訳「毛皮を著たヴィーナス」

ネット小説の感想
あらたなる神々の創生―キム・イルケ「韓日ヤプー秘史―国辱マゾヒスティックワンダーランド」感想

新和洋ドミナ曼荼羅
ギリシア神話の女神
ギリシア神話の美女
ヘブライ神話の美女
敗者のトラウマ~戦後日本のジャクリーン崇拝
アルペンスキーの美人選手
イスラエルのアイェレット・シャクド法務大臣の大イスラエル主義
韓国系アメリカ人写真家チョン・ユナの昭和天皇生首アート

その他創作物
文豪対話篇
天国の沼正三
青春の思い出
美男美女賛美論
続・美男美女賛美論
片瀬海岸物語
3月11日
マゾヒズムの階級的考察または生きづらい世の中を生き抜くために
続・マゾヒズムの階級的考察または生きづらい世の中を生き抜くために~白昼夢大作戦
女神キャロラインの降臨
・父の車で 1/3 2/3 3/3

H家の人々
プレイボーイクラブ
Tokyo Raiders
【詩集ノート】 ※常時追加

台詞付画像
白人崇拝系英語台詞付画像①
白人崇拝系英語台詞付画像②–ダリア・コルチナ–
白人崇拝系英語台詞付画像③–神聖なる星条旗–
白人崇拝系英語台詞付画像④

その他感想記事
Fetish★Fairyさん新作の感想
中村佑介表紙画の『谷崎潤一郎 マゾヒズム小説集』
月蝕歌劇団公演「沼正三/家畜人ヤプー」の感想
エムサイズさん「椅子になった勇者」の感想
マゾヒズムというドグマ―エムサイズ「超私立!女の子様学園」
「家畜人ヤプー」の二次創作

雑記
今後の編集方針について
HNの由来と作家:白野勝利氏
私のマゾ遍歴
倉田卓次元裁判官死去
伝説のネット批評家:kagamiさんのマゾヒズム論
近況
コメントに回答①
コメントに回答②
コメントに回答③
コメントに回答④

掲載情報
「女神の愛」第3号
「女神の愛」第4号

※当ブログはもっぱら文学・芸術を扱っています。年齢等による閲覧制限は一切ありません。
※前コンテンツリンク・転載フリーです。バナー↓
banner.jpg

twitter_logo_header.png

タグ : マゾヒズム小説 谷崎潤一郎 沼正三 家畜人ヤプー 白人崇拝

近況

先日ふと思い出したことがあります。
大学時代、左派系の憲法学者の先生が「人類史の頂点は19世紀」とおっしゃった。
ただそれだけのことで、当時の私はゼミ中にバッキバキに勃起してしまいました。
先日はそれを思い出して懐かしく甘酸っぱい思いに浸りながら自慰行為に勤しみました。

ボンデージとか、鞭とか、ハイヒールとかより、私にとっては「人類史の頂点は19世紀」のほうがエロい。
そういうエロさを当ブログは今後も提供していきたいです。

Tumblrは、何度アカを作り直しても凍結されてしまいますね。
でも、Raceplayの愛好家と本物の人種主義者、白人至上主義者が交流できるかけがえのないSNSなので、なんとかまた復帰したいです。

Twitterはもう韓国崇拝の大フィーバー。
「石を投げれば崇韓に当たる」状態。
完全に日本の男性マゾヒズムの一大潮流になっていると思います。
特に最近は「K-NTR」よりも、ダイレクトに「韓女様」を女神として崇拝する嗜好が主流になっていますね。
私も韓国人女性を見ると「条件反射」してしまうようになってきました。
先日も新幹線の自由席で小さいお子さんを連れた韓国人の若いお母さんに「ちゃんと」席を譲り「当然」お荷物の上げ下げもさせてもらいましたよ。

今は、「デカメロン」のような形式のストーリー集を構想しています。
奴隷制時代の米国南部、英領インド、占領期の日本、アパルトヘイト時代の南アなど様々な時空の有色人種の中から、白人種への隷属・服従・奉仕に指導的役割を果たした者がイースへと「昇天」する。
イースで家畜に転生するのをしばし待つ空間があって、そこで指導者たちが順番に今生の体験やそれぞれの白人崇拝思想を語る…というものです。

Top|Next »

HOME

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる