FC2ブログ

マゾヒズム文学の世界

谷崎潤一郎・沼正三を中心にマゾヒズム文学の世界を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「思想小説」か「好色文学」か

佐藤春夫は「毛皮をたヴィーナス」訳のあとがき(「定本 佐藤春夫全集」25巻収録)で本作を「これは一種の思想小説であって決して好色文学といふものではない」として絶賛する一方、「日本のマゾヒズム作家」(=谷崎潤一郎)を「異常な感覚のみが生温くはびこつて、何ら思索の片影もない」として痛烈に批判し、この2人のマゾヒズムを「全然別個のもの」としています。
沼は佐藤が本作を「一種の思想小説」と言ったのが気に入ったのか、「手帖」の題辞にこれを引用しています。
しかし、絶賛しているものの「何らの性的感覚もない」としている佐藤の本作の理解は本質を捉えているとは言えません。
もちろん本作は、たとえばヴィーナスを含むヘレニズム諸神を悪魔として排除するキリスト教の禁欲的価値観に対する批判など、思想的側面が色濃い作品ではありますが、その本質はやはりマゾヒストの「性的感覚」を激しく惹起し、自慰行為を伴って性的満足をもたらすことにあるはずです。
マゾヒストにはそれがわかる。
マゾヒストではない佐藤にはそれがわからない。
逆に批判ではありますが「異常な感覚のみが生温くはびこつて、何ら思索の片影もない」という谷崎に対する佐藤の評価は、谷崎自ら「彼の所謂文学なるものは、奇怪なる彼の性癖に基因する病的な快楽の記録に過ぎない」(饒太郎)と表明した通り、ある意味で当たっています。
親友であり、因縁の深かった谷崎の本質はさすがにわかるが、それが「毛皮を着たヴィーナス」と通ずるものだというのはわからない。
批判している方の本質は言い当てているが、絶賛している方の本質は外している。
どちらも、佐藤の定義によれば彼の軽蔑する「好色文学」なのです。
豊かな教養と優れた読解力を背景に真摯に読み解いても、マゾヒストではない佐藤にはそこが分からない。
これに、マゾヒストではない方がマゾヒズム文学を理解しうる限界を見ました。

沼正三は「ある夢想家の手帖から」第一四章附記第二で次のように述べ、谷崎潤一郎の理解について佐藤春夫を含む「たいていの批評家は失格である」としています。

女に踏まれたいという気持ち(スクビズム)を実際に感じたことのない人に、『富美子の足』に踏まれて息を引きとった隠居の老人の歓喜が、『魔術師』における穿物や絨氈になりたいという切なる願いが、また、『瘋癲老人日記』の主人公の墓に女の足を彫らせようとする気持ちが、本当に理解できるのか、その理解なしに谷崎文学を十分に味わえるのか、を私は疑う


現在では谷崎の作品の主題がマゾヒズムという性的衝動であることは認知されていますが、やはり谷崎作品を読んで千回と自慰行為を繰り返した身としては、首をかしげたくなるような谷崎論はまだまだ流布されているように思えます。

実は私自身も、Yahoo!知恵袋という場所で次のように批判されたことがあります。
「谷崎文学の皮相的な題材次元のことに拘泥するあまり、一種形而上学的でさえある、谷崎固有のマゾヒズムの真相、本質には全く触れ得ていないように思われてなりません。」
批判者の考える「形而上学的な谷崎固有のマゾヒズムの真相、本質」が何なのかも説明されていましたが、確かに形而上学的で私にはよくわかりませんでした。
谷崎のマゾヒズムの本質は美しいものによって凌辱される、蹂躙される、滅ぼされる、そのことによって得られる至高の性的快楽です。
だからそれを小説に描いている。
そうではないものを描きたかったのであれば、そうではないのものを描いたでしょう。
それだけの話です。
その意図は、谷崎自身ときおり作品の中で語っています。

「時計事件もえゝが、(中略)女の事を書いたが好え。」(「The Affair of Two Watches」)
「彼の所謂いわゆる文学なるものは、奇怪なる彼の性癖に基因する病的な快楽の記録に過ぎない。」(「饒太郎」)
「恐らく己おれは霊魂の不滅を説くよりも、人間の美を歌ふために生まれて来た男に違いない。己はいまだに自分を凡人だと思ふことは出来ぬ。己はどうしても天才を持つて居るやうな気がする。己が自分の本当の使命を自覚して、人間の美を讃え、享楽を歌えば、己の天才は真実の光を発揮するのだ。」(「神童」)
「彼等は壺井程深刻に痛烈に、女性を渇仰かつごうし要求しては居ないのである。壺井程完全に女の肉体美を認めて、それに己の全生命を浸し漬けて、惑溺わくできし得る勇気や感受性はないのである。
「自分にはたしかにそれだけの勇気と感受性とがある」
と、壺井は念を押すやうに腹の中で云つて見た。」(「鬼の面」)
「あたしたち(注:ドミナたちのこと)の事を小説になさるなら、先生がこんな真似をして居る所を、書き洩らしてはいけませんよ。」(「少年の脅迫」)
「色情も芸術の材料にはなります。さうして其れが材料となつた場合には、その作品が与へる芸術的感興と云ふものも、色情を通しての感興でなければなりません。」(「検閲官」)


「家畜人ヤプー」に対しても、「思想小説である」という語りがさんざんなされ、中には「白人の世界支配を批判するディストピア小説」とか「鬼畜米英から豹変した戦後日本に対する皮肉」と捉える解釈も見たことがあります。
マゾヒストではない読者はマゾヒズム文学を読んでも激しく性欲を刺激されることはない。
だからその他の部分に本質を見出そうとしてしまう。
そして、自分の愛する文学が性的昂奮を惹起するためだけに書かれた、「好色小説」とするのは、何か価値が棄損されたように感じるのでしょう。
その意味では谷崎をあくまで好色小説とした佐藤春夫はさすがだということでしょう。
マゾッホも、谷崎も、沼正三も、あまりにも多くのマゾヒストではないファンに愛されてしまっている。
だから、マゾヒズムとは違った視点から語られてしまう。
それは仕方がないですよ。
残念なのは、マゾヒストがマゾヒストの視点から語ったマゾヒズム文学論、特に谷崎論がまだまだ少ないように感じることですね。
マゾヒストの読者からすれば、マゾヒズム文学とは、読んで、性的な興奮を惹起され、自慰行為を伴って性的な満足を得ることでしかないはず。
もっともっとマゾヒストがその視点からマゾヒズム文学を、谷崎を語って、「わかる!」と共感したり、「それは違う!」と議論したりしていかなければ、的の外れた谷崎論の中に埋もれて、この文豪の本質は浮かび上がってこないのではないかと思います。
当ブログはその思いを胸に、生涯をかけてマイペースに語っていきたいと思います。

マゾヒスト・谷崎潤一郎―真に理解しうる人々による真の理解を目指して

男性マゾヒストとしてこの日本に生を受けた同士の皆さん、皆さんは、大変な幸運に恵まれています。
マゾヒストとして、もっとも偉大なマゾヒズムの文豪:谷崎潤一郎の全作品を、母国語で読むことができる。
この幸せを味わえるのは、日本人の中でも男性マゾヒストだけであり、世界のマゾヒストのなかでも日本人だけ、つまり私たちだけなのです。
谷崎潤一郎は、生涯一個のマゾヒストであり、そのほとんどの作品の主題は、男性が美しい女性の前に跪き、陵辱される正統派のマゾヒズムです。
そんな谷崎が、国語便覧でも、夏目漱石、森鴎外、芥川龍之介と並び称される近代日本の大文豪に数えられているというのは驚くべきことです。
谷崎作品は各国語に翻訳されて世界でも愛読され、存命中にはノーベル文学賞の候補にもなっています。
ドイツ・オーストリア文学史においてザッヘル・マゾッホが占めている地位とも、まったく比較にならない高いものです。
しかも、谷崎がこの地位を築いたのは、日本が封建的価値観を残したまま近代化に邁進し、官憲による表現規制も強かった明治・大正時代です。
いったいこの国のどこに、これほどのマゾヒズム文豪を生み、育て、その価値をここまで評価するほどの風俗的土壌があったのかと、不思議に思えるほどです。

谷崎がこれほどの評価を得ているのは、その世界観と文章がマゾヒスト以外の読者を魅了したからにほかなりませんが、谷崎作品を谷崎が意図したとおりに読むことができるのは、マゾヒストの読者だけです。
「谷崎の意図」とは、読んで、性的な興奮を惹起され、自慰行為を伴って性的な満足を得ることです。
谷崎作品を読んでこれができるのはマゾヒストの読者だけです。
谷崎は、第一は自分のため、そして第二には同士であるマゾヒストの読者のために書いたのです。

谷崎の文学の主題がマゾヒズムであるということは、ようやく広く知られるようになって来ましたが、それでもまだまだ谷崎の文学は誤解されてたまま語られていることが多いように感じます。
それは谷崎が、マゾヒストではない読者・研究者によってあまりに多く語られてしまっている一方、本来その文学を真に理解すべきマゾヒストの読者によってはあまり語られていないことに原因があると思います。
過去に男性マゾヒストであると公言した人で谷崎を本格的に論じた人は、沼正三だけです。
マゾヒストにはインテリが多く、読書家も多いのでしょうが、すごく残念なことです。
もっともっとマゾヒストが谷崎を読んで自慰にふけり、語り、論じ合って、谷崎文学の誤解を解いていってほしいと願っています。
当ブログを開設した最も大きな動機は、そこにあります。

タグ : 谷崎潤一郎 マゾヒズム小説 白人崇拝 三者関係

はじめに

日本文学史にはマゾヒズムをテーマに美しい文学作品を生み出した偉大な作家が二人います。

谷崎潤一郎沼正三です。

谷崎潤一郎はいわずと知れた近代文学の文豪です。明治、大正、昭和に渡り発表されたその作品のほとんどが、マゾヒズムを主題としたものです。当たり障りのない随筆などが国語の教科書に掲載されることもありますが、小説の過激な内容は、とても教科書に載せられる代物ではありません。

沼正三は一九五〇年代に風俗雑誌に登場した正体不明の作家です。彼が発表した作品は「戦後最大の奇書」と呼ばれた小説『家畜人ヤプー』と、エッセイ集『ある夢想家の手帖から』の二つだけです。しかしこの二作品で彼は、戦後日本に大きな衝撃を与え、また現在に至るまで多くのマゾヒストに熱烈に支持されています。

この二人の文豪は、当然筋金入りのマゾヒストであり、その創作意欲の根源は、満たされることのない性的欲求です。マゾヒストは誰もが広大な妄想世界を脳内に持っていますが、それを美しい文学作品に昇華したものが、彼らの作品です。

彼らの生み出したロマンティックな世界と美しい文章は、マゾヒストではない多くの一般の読者をも魅了しました。しかし、彼らの作品を彼らの意図したように楽しめるのはマゾヒストの読者だけです。このブログでは、彼らの作品を中心に、マゾヒズム文学をマゾヒストの読者の視点から紹介していきたいと思います。

タグ : マゾヒズム 谷崎潤一郎 沼正三 家畜人ヤプー ある夢想家の手帖から

Top

HOME

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。