FC2ブログ

マゾヒズム文学の世界

谷崎潤一郎・沼正三を中心にマゾヒズム文学の世界を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本マゾヒズム文学の三大要素

谷崎潤一郎と沼正三、この二人のマゾヒズム文豪の作品には、驚くほど共通する特徴があります。

これはおそらくは、沼が谷崎の影響を強く受けていることによるものと思われますが、それ以上に、広く日本人のマゾヒストが共通して持っている嗜好を反映しているものと私は考えています。

私はその特徴は大きく3つあると考えていますので、これを「日本のマゾヒズム文学の三大要素」と呼ぼうと思います。それは、①スクビズム(下への願望)②トリオリズム(三者関係)③アルビニズム(白人崇拝)の3つです。「スクビズム」と「トリオリズム」は、『ある夢想家の手帖から』に紹介されている語で、男性マゾヒズムを研究したヒルシェフェルトという精神学者が名づけたようです。「アルビニズム」は『家畜人ヤプー』に登場する語で、沼自身の造語です。

それぞれについて、別の記事で詳しく紹介しますが、簡単にその意味を説明しておきます。

①スクビズム(succubism;下への願望)
スクビズムは、美しい女性(対象)に対する崇拝・憧れの気持ちの表現として、対象を上(上位)に、自らを下(下位)に置きたいという願望です。対象に跪きたい、足を舐めたい、踏まれたい、あるいは対象が身に着けていたものや排泄したものを口にしたいという願望がこれに含まれます。
また、対象に従属したい、支配されたい、対象よりも地位や能力が劣った存在でありたいという願望も、スクビズムに含まれます。
スクビズムはマゾヒズムに対する一般的なイメージとほぼ重なるといっていいでしょう。

②トリオリズム(triorism;三者関係)
トリオリズムは、対象が別の男性と関係することを望む願望です。これには、単に対象が別の男性に寝取られてしまう屈辱や喪失感を楽しむものから、神聖なはずの対象が別の男性に従属し汚されてしまうことを望むもの、あるいは対象を男性も含む夫婦やカップルにまで広げ、二人に従属することを望むものなど、諸類型があります。
マゾヒズムの語源となったドイツの作家ザッヘル・マゾッホもトリオリストとして知られ、古今東西を問わずトリオリズムはマゾヒズムの有力な支流といえます。

③アルビニズム(albinism;白人崇拝)
アルビニズムは、スクビズムの一つの類型と考えることができますが、日本のマゾヒズム文学にとって深刻といえるくらい重要な特徴ですので、独立した一要素としました。アルビニズムとは、日本人のマゾヒストが、対象を白人という人種集団にまで広げてしまい、自らを含む人種集団(日本人あるいは有色人種)が白人種に従属することを望む、あるいはそこまでいかなくとも、劣った存在であることを認識して喜ぶ願望です。
これは当然白人のマゾヒストには感じ得ないもので、欧米のマゾヒズム文学には登場しません。日本人以外の有色人種のマゾヒストがアルビニズムを抱いている可能性はありますが、谷崎・沼のようなアルビニズムの文豪が生まれたのは、日本だけでしょう。

タグ : マゾヒズム 谷崎潤一郎 沼正三 家畜人ヤプー ある夢想家の手帖から 寝取られ 三者関係 白人崇拝

はじめに

日本文学史にはマゾヒズムをテーマに美しい文学作品を生み出した偉大な作家が二人います。

谷崎潤一郎沼正三です。

谷崎潤一郎はいわずと知れた近代文学の文豪です。明治、大正、昭和に渡り発表されたその作品のほとんどが、マゾヒズムを主題としたものです。当たり障りのない随筆などが国語の教科書に掲載されることもありますが、小説の過激な内容は、とても教科書に載せられる代物ではありません。

沼正三は一九五〇年代に風俗雑誌に登場した正体不明の作家です。彼が発表した作品は「戦後最大の奇書」と呼ばれた小説『家畜人ヤプー』と、エッセイ集『ある夢想家の手帖から』の二つだけです。しかしこの二作品で彼は、戦後日本に大きな衝撃を与え、また現在に至るまで多くのマゾヒストに熱烈に支持されています。

この二人の文豪は、当然筋金入りのマゾヒストであり、その創作意欲の根源は、満たされることのない性的欲求です。マゾヒストは誰もが広大な妄想世界を脳内に持っていますが、それを美しい文学作品に昇華したものが、彼らの作品です。

彼らの生み出したロマンティックな世界と美しい文章は、マゾヒストではない多くの一般の読者をも魅了しました。しかし、彼らの作品を彼らの意図したように楽しめるのはマゾヒストの読者だけです。このブログでは、彼らの作品を中心に、マゾヒズム文学をマゾヒストの読者の視点から紹介していきたいと思います。

タグ : マゾヒズム 谷崎潤一郎 沼正三 家畜人ヤプー ある夢想家の手帖から

Top

HOME

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。