FC2ブログ

マゾヒズム文学の世界

谷崎潤一郎・沼正三を中心にマゾヒズム文学の世界を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田沼醜男「黄色いかなしみ」

戦後の風俗雑誌に掲載されていた素晴らしいマゾヒズム小説をご紹介していきます。
本シリーズ執筆には三和出版および風俗資料館の多大なご協力をいただいています。


今回は

田沼醜男「黄色いかなしみ」

をご紹介します。
DVNeKKuVoAAbzrf.jpg

「黄色いかなしみ」は、昭和41年に「サスペンスマガジン」に掲載された作品です。
田沼醜男は「奇譚クラブ」で「マゾヒズム天国」というエッセイを連載していた、当時の同誌を代表するマゾヒズム作家で、強烈な白人崇拝思想を持っていたことで知られています。
「ある夢想家の手帖から」第一二〇章では本作の作者を「金髪少女クララさま」「金髪パーティ」の作者である大和勇と紹介していますが、初出では田沼醜男の作と明記されています。
おそらく大和勇は田沼醜男の別のペンネームです。
内容的にも文体からみても、「金髪少女クララさま」「金髪パーティ」と本作は同じ作者の作品であることがありありとうかがえます。
共通する特徴は、①白人男女と日本人の主人公の体格差を象徴とする劣等感、②白人崇拝とトリオリズムのミックスです。

本作も舞台はアメリカで、日系二世の主人公が、TVでも活躍した元ストリパーで金髪碧眼の白人女性:ハニイ・ジャケットとその夫で俳優のジルの家内奴隷となるというシンプルなストーリーです。

主人公の「私」は白人女性に強い憧憬を抱いている白人崇拝者で、ストリッパー時代のハニイ・ジャケットをファンとして崇拝していました。
ハニイはその後ジルと結婚しますが、「私」とハニイはたまたま再会し、「私」はハニイに奴隷志願します。

「僕はあなたのことを思うと、黄色い女となんか、とても寝る気になれませんでした」
「あたしに関係ないよ。金髪が黄色い女にくらべて、どんなによくたって、知ったことじゃない、勝手に熱をあげて、焦がれ死にでもしたらいいのサ」
「ハニイさま、お慈悲を……どうか、お慈悲を……」私は震えながら哀願した。
「お慈悲だって?フフ……そんならお前の望みをかなえてやろうか」彼女は碧い大きな眼でジッと見つめた。
DVMunCvVoAUcB4J.jpg


かくして「私」はジルとハニイの家に奴隷として飼われることになります。
「金髪少女クララさま」「金髪パーティ」でも見られた下着への執着、夫婦の寝室での奉仕がたっぷりと描かれます。

あるとき、愛の習慣が終わると、ハニイは私の髪の毛を掴んでいった。
「あたしを掃除させてやろうか?」
「ぜひ、ぜひ、お願いします!」私は仰向いたまま叫んだ。
「ジャップが金髪の身体を掃除するんだからね、舌を使ってやるのよ」
「は、はい、わかっています」
(中略)
「この黄色いトイレットペーパーめ!」彼女は嘲笑を浮かべながらゆっくりと立ちあがった。
(中略)
「チビ!醜男!黄色奴隷!」
アッ!と思ったがもう遅かった。
後手に縛られていては隠しようもなく、ヒクッヒクッとケイレンしながら、七色の虹を見た。
「こいつ、こんな醜いもの出しやがって……畜生!」ハニイは怒った。海老のようにまるくなって、なおもケイレンし続ける私の身体を滅茶苦茶に踏ンづけるのだった。
それ以後というもの、私はフンドシさえ着用することを禁じられた。そのかわり昔からお馴染みのビニール袋をかぶせるように命じられたのだった。
「こうしとけばお前がどんなに夢中になったって勝手にサ。あたし達の知ったことじゃないわ」ハニイは棍棒の先で小突きながらいった。
tumblr_owy7qosGYI1r81dyco1_1280.jpg


クライマックスは「手帖」に引用されている夫婦の性行為への奉仕の場面です。

「ねえ、あんたもこいつにさせてみたら?」
とある晩、ハニイがジルにいった。
(中略)
「ハハ……こいつ震えてるわ」ハニイがそういってうしろから、私の鼻をつまんだので私は息が出来なくなって金魚のように口を開いた。
するとすぐにジルが割り込んで来たのだった。
(中略)
「ねえ、あんた」とハニイは甘えた声でいい、私の肩に、うしろから肩車になって乗ってきた。「もっといろんなことして愉しもうじゃない?この馬鹿を使ってサ」
「そうだな、この野郎はまた、俺たちの奴隷になって使いつぶされる、嬉しくて仕様がないんだから、便利なもンだ」
「フフ……この恰好、こいつの黄色い親が見たら、なんて思うかしらね」
実際、親に見せられる恰好ではなかった。
私の首根ッこは、うしろからハニイの足に喰わえこまれ、口腔はジルに押しこまれて物も言えない状態だった。
要するに、私の頭蓋骨をあいだにして、二人は愛し合っていたのだ。
黄色人種でありながら誇りをもって生きていた私の日本人の両親が、息子のこういう姿を見たら、どういう感慨を持つだろうか…。
私は前から後から責めあげられながらさすがに情けない思いがした。
でも黄色い肌の人間は白人の道具になるより仕方ないのだ。
DVMubTGUQAESz5S.jpg


本当に美しい場面ですね。
心身ともに激しく陵辱されている状況ながら、なにか父母の愛情に包み込まれるような暖かい陶酔感を感じてしまいます。
はるか頭上で睦み会う白人夫婦に下半身で自分の頭を包み込まれ、自分を生み育てた実の両親に対する思いと決別する。
黄色く醜い夫婦から生まれた呪わしい運命から、福音をもたらす白く美しい夫婦の下で新しく生まれ直した瞬間のような甘い陶酔。
思えば黄色人種が白人夫婦に「父母」を感じるなど畏れ多いことですが、クリスチャンが神に対して「父」を感じるように、自分を今の自分として「作り直した」造物主としての「父母」を、ジルとハニイの白人夫婦に感じてしまいます。

Top

HOME

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。