FC2ブログ

マゾヒズム文学の世界

谷崎潤一郎・沼正三を中心にマゾヒズム文学の世界を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マゾヒスト・谷崎潤一郎―真に理解しうる人々による真の理解を目指して

男性マゾヒストとしてこの日本に生を受けた同士の皆さん、皆さんは、大変な幸運に恵まれています。
マゾヒストとして、もっとも偉大なマゾヒズムの文豪:谷崎潤一郎の全作品を、母国語で読むことができる。
この幸せを味わえるのは、日本人の中でも男性マゾヒストだけであり、世界のマゾヒストのなかでも日本人だけ、つまり私たちだけなのです。
谷崎潤一郎は、生涯一個のマゾヒストであり、そのほとんどの作品の主題は、男性が美しい女性の前に跪き、陵辱される正統派のマゾヒズムです。
そんな谷崎が、国語便覧でも、夏目漱石、森鴎外、芥川龍之介と並び称される近代日本の大文豪に数えられているというのは驚くべきことです。
谷崎作品は各国語に翻訳されて世界でも愛読され、存命中にはノーベル文学賞の候補にもなっています。
ドイツ・オーストリア文学史においてザッヘル・マゾッホが占めている地位とも、まったく比較にならない高いものです。
しかも、谷崎がこの地位を築いたのは、日本が封建的価値観を残したまま近代化に邁進し、官憲による表現規制も強かった明治・大正時代です。
いったいこの国のどこに、これほどのマゾヒズム文豪を生み、育て、その価値をここまで評価するほどの風俗的土壌があったのかと、不思議に思えるほどです。

谷崎がこれほどの評価を得ているのは、その世界観と文章がマゾヒスト以外の読者を魅了したからにほかなりませんが、谷崎作品を谷崎が意図したとおりに読むことができるのは、マゾヒストの読者だけです。
「谷崎の意図」とは、読んで、性的な興奮を惹起され、自慰行為を伴って性的な満足を得ることです。
谷崎作品を読んでこれができるのはマゾヒストの読者だけです。
谷崎は、第一は自分のため、そして第二には同士であるマゾヒストの読者のために書いたのです。

谷崎の文学の主題がマゾヒズムであるということは、ようやく広く知られるようになって来ましたが、それでもまだまだ谷崎の文学は誤解されてたまま語られていることが多いように感じます。
それは谷崎が、マゾヒストではない読者・研究者によってあまりに多く語られてしまっている一方、本来その文学を真に理解すべきマゾヒストの読者によってはあまり語られていないことに原因があると思います。
過去に男性マゾヒストであると公言した人で谷崎を本格的に論じた人は、沼正三だけです。
マゾヒストにはインテリが多く、読書家も多いのでしょうが、すごく残念なことです。
もっともっとマゾヒストが谷崎を読んで自慰にふけり、語り、論じ合って、谷崎文学の誤解を解いていってほしいと願っています。
当ブログを開設した最も大きな動機は、そこにあります。
関連記事

タグ : 谷崎潤一郎 マゾヒズム小説 白人崇拝 三者関係

« 渚|Top|伝説のネット批評家:kagamiさんのマゾヒズム論 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://victoryofwhite.blog114.fc2.com/tb.php/102-6569d841

Top

HOME

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。