FC2ブログ

マゾヒズム文学の世界

谷崎潤一郎・沼正三を中心にマゾヒズム文学の世界を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カヲル君」
「うーん?」
「夕日、綺麗だね」
「うん」
「あと、10分くらいかな」
「うーん?なにが?」
「日没」
「うん」
「あっというまだね」
「あっ」
「そう、あっというま」
「ちがうよ、あそこ、女同士でキスしてる」
「うん」
「長いな」
「あのさ、カヲル君」
「うーん?何?」
「足に、砂ついてるね」
「うん、それが、何?」
「いや…」
「舐めたいの?」
「えっ?」
「ふーん、そうなんだ、さっきから私のサンダルチラチラ見てさ」
「いや、そんなんじゃ…」
「今日は君と純粋に文学とか芸術とか歴史の話したいと思って楽しみにして、君が喜ぶと思っておしゃれしてきたのに、君はそんなことが目的だったのか」
「ち、ちがうよ…」
「私が夢中になってグノーシスとかサッフォーとか、加藤清正とかスピッツとか佐倉杏子の話をしている最中に君は上の空で相槌を打って、頭の中は私の足の味でいっぱいで、どうやって舐めさせてもらおうか考えていたというわけか。君ほど熱心に私のマニアックな話を聞いて、君ほど私の気持ち悪い絵をほめてくれる人はいないからうれしかったのに。メンヘラサブカル女なんて適当に話し合わせておだてておけば足くらい舐めさせてくれるだろうと思われていたのか。私は馬鹿だな、まるで道化だな。悪かったね、察しが悪くて興味のない話に延々とつきあわせてしまって」
「ちがうよ、誤解だよ、僕もカヲル君といろんな話がしたくて今日は来たんだから…」
「君は「プラトン的完全に殉じたい」って言ってたよね。君は私がAndrogynosだから私に惹かれたのか?」
「ちがうよ。カヲル君に会う前は、プラトン的完全なんて興味なかったし、ギリシア詩も読んでなかったし、アニメもあんまり見なかったんだ。全部カヲル君のことをもっと知りたくて調べたり勉強したりしたんだよ」
「ふーん」
「カヲル君の絵はすごいよ。でも、本当の美は人が創造クリエイトするものじゃなくて、神様が創造クリエイトするものだと思うんだ。カヲル君みたいに…」
「君にとっては私はプラトン的完全なの?」
「うん…たぶん…綺麗だし、いい匂いがするし、でも…」
「舐めてみないと確信が持てない?」
「うん…」
「ふーん、で、サンダルは脱いだほうがいいの、そのままでいいの?」
「やっぱり、脱いだほうが…」
「じゃー脱がして」
「うん…」


「ぼやーけた六等星だけど、思い込みのー恋に落ちた♪まだキスしてるよ、あのふたり…」

sub_b7.jpg
関連記事

« 谷崎潤一郎のトリオリズム(1)―『饒太郎』論~新たなる快楽の扉|Top|マゾヒスト・谷崎潤一郎―真に理解しうる人々による真の理解を目指して »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://victoryofwhite.blog114.fc2.com/tb.php/103-f971dc92

Top

HOME

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。