FC2ブログ

マゾヒズム文学の世界

谷崎潤一郎・沼正三を中心にマゾヒズム文学の世界を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のマゾ遍歴

このあたりで、私のマゾ遍歴を披露させていただきます。

・最初の記憶
まず、いつからマゾなのかというと、生まれたときからですね。
物心ついたときにはすでにマゾ妄想をしていた記憶があります。
一番古い記憶は、特撮ヒーローものの子供番組を見ていて、ヒーローが悪役の美女にボコボコにやられるシーンを見て昂奮したというものです。
どういうわけか、戦隊もの、ロボット刑事ものをとわず、こういう特撮ヒーロー作品には必ずといっていいほど悪役に美女がいて、これがまためちゃめちゃ強い。
一番記憶に残っているのは『機動刑事ジバン』という作品にでてきた「クイーンコスモ」というキャラクターですね。
03ee3dcc_convert_20100705071432.jpg
「地球に女だけの帝国を作る」という野望をもっていて、悪の軍団に属せずむしろそれを利用して行動していました。
とにかく理不尽なほどに異次元の強さで、ジバンとの対決は、戦っているというより嬲っているという感じで、魔法を使ってエレガントに、余裕しゃくしゃくに、楽しそうに、ジバンをボコボコにしていました。
ジバンは強化改造を繰り返しても、クイーンコスモには最後までほとんど歯が立ちませんでした。
私は今でも、「エレガントに、余裕しゃくしゃくに、楽しそうに」攻めるタイプのドミナに強烈に憧れます。
これはもしかしたらクイーンコスモの影響かもしれません。

・マザー・コンプレックス
私のマゾヒズムに、私のマザー・コンプレックスが与えた影響は確実に大きいです。
直接母に陵辱されることを妄想したことはありませんが、心のドミナには常に母の俤を感じます。
幼児期、母が弟を可愛がっているのを見ると、いつもなんとなく切なくなりました。
これが私の最初の「寝取られ」体験と言っていいでしょう。
私の異常な甘えん坊ぶりを理解していた母は、そんな私を見て、よく
「ちょっと待っててね」
と言ってくれたんです。
このときの甘い甘い快感が、私の最初の「放置プレイ」体験かもしれません。
弟は母似で美しく、私は父似で醜いので、姉などは露骨に私を嫌い、弟ばかりをかわいがりましたが、母は平等にかわいがってくれました。
ただいつもそれが、弟に対する「本物の愛情」と違い、「同情」や親としての「義務感」に近いものではないかという強迫観念があり、母の歓心を繋ぎとめようと、母の言うことをよく守り、手伝いもよくしました。
そうして母が
「まぁ、お兄ちゃんはいい子ね。」
といってくれるのが、うれしくて仕方なかったのです。
成長していろいろな性的刺激を知った今でも、この言葉に勝る快感はいまだに知りません。

・オナニー
私の性の歴史、というより私の半生そのものが、オナニーの歴史といっていいです。
上記で「物心ついたときにはすでにマゾ妄想をしていた」と書きましたが、当然そのときにはオナニーをしていました。
三歳くらいのことですので、もちろん精通はしていませんが、絶頂はちゃんとあります。
オナニーのやり方はどんどん進化していきましたが、最大の革命は肛門の開発です。
これは精通など問題にならないくらいの快楽の大革命でした。
私の感覚としては、「放尿:肛門を使わないオナニー:肛門を使ったオナニー」の快楽比は、「1:10:10000」くらいです。
まだ肛門を使ったオナニーの快楽を知らないという人、ぜひ今日からでも始めてくみてださい。

・文豪との出会いと白人崇拝
谷崎潤一郎と出会ったのは中学生のとき、沼正三と出会ったのは高校生のときです。
『少年』を最初に読んだときは手の汗で文庫本がぐしゃぐしゃになったのをおぼえています。
『家畜人ヤプー』を最初に読んだときは、昂奮するとともに、抵抗感もかなり強かったですね。
しかし、妄想は次第に白人崇拝へと傾斜していき、高校、大学時代、私の青春はこれ一色に染まりました。
白人女性の写真が掲載されている雑誌や白人女性を女神として描いた絵画の画集を集めまくり、白い女神たちに家畜として奉仕する妄想で昼夜を問わず猿のように自慰にふけりました。
untitledfgds_convert_20100705072354.jpg
あまたの同胞とともに女神に虫けらのように使い捨てにされる「ファンタジー型」の妄想もいいですが、例えば「白人モデルがこんなに日本の雑誌に掲載されているのはなぜか?」などと考える「微視型」でも、めくるめくような昂奮を覚えました。
一番好きだったのは「世界が白人に支配される世界が実現するには、世界史にどんな条件がそろえばよかったのか?」と考えることでしたね。

・トリオリズム
トリオリズムに本格的にはまったのはネット小説の影響が大きいです。
「2ちゃんねる」に投稿されていた『元彼女の奴隷に…』『妻が浮気相手に…』『ブサ彦物語』といった小説に魅了され、禁断の快楽の扉を一気に開けてしまいました。
最初に触れたときには「いや、それはない!それは邪道!」と思ったものですが、そういう心理的抵抗が強いほど、はまってしまったときの快楽も強いものがあります。
トリオリズムに関しては、普通の恋愛とSEXを経験し、それが上手くいかなかったことも、もしかしたら影響しているかもしれません。

・実践経験
実践経験は、ゼロです。
個人的な体験としても、マゾ的なものは残念ながらありません。
SMクラブやマゾ系の風俗にもいったことはありません。
正直怖い、とういのはあります。
今行くと、なんだか幻滅を味わうような気がして…自然に行きたくなったら行こうかな、と思っています。
(貧乏でお金がない、というのも大きいですが。)

・ブログ開始
当ブログの最初の記事の日付は2007年7月22日になっていますね。
私という人間の構成要素のこれほど多くを占めているマゾヒズムを、なんとか同士の人達に表現したいという思いが昔からありました。
しかし、漫画やイラストや小説が書けたらいいのですが、書けない。
一方、マゾヒズム文学、特に谷崎潤一郎については、私以上にその本質を理解している人はいないのではないかという位の自負があり、そしてそれは、マゾヒストであれば、多くの人に理解されるのではないかという思いがありました。
そこで、マゾヒズム文学を扱ったウェブサイトを作ろう、と着想したのは、ブログを実際に立ち上げるかなり前のことです。
ブログという簡単な手段が普及したことにより、ようやくそれが実現しました。
ブログ開設直後、真っ先にコメントを下さったのが「女性上位時代」の馬仙人でした。
このときのうれしさは一生忘れないと思います。
最初に言葉を交わした同士が、ずっと大好きだったサイトの尊敬する管理人で、マゾヒズム文学研究の偉大な先輩である馬仙人だったことは、本当に幸せに思います。
…にもかかわらず、私はその後、読者の方の期待に背き、多忙にかまけて長期間ブログを放置してしまいました。
本当に申し訳ありませんでした。
このたび、ある程度自由な時間ができましたので、再開に至りました。
妄想のほうも、絶好調に広がっていますので、いろいろな記事をどんどん書いていこうと思います。
今、「本当にマゾヒストでよかった」と思っています。
いつも読んでくださっている皆様、本当にありがとうございます。
これからも、ご指導ご鞭撻、よろしくお願いいたします。
関連記事

タグ : マゾヒズム 谷崎潤一郎 沼正三 家畜人ヤプー ある夢想家の手帖から 寝取られ 三者関係 白人崇拝 美男美女崇拝

« 『神童』の二次創作|Top|『ある夢想家の手帖から』全章ミニレビュー 第2巻「家畜への変身」 »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開コメントを下った方へ

コメントありがとうございます。
たまには、と思って自分のことを書いてみたら、意外と好評だったようで、うれしいです。
…そんなに衝撃的な内容でしたかね?(^^
匿名だと何でも書けてしまいますね。
こうやって同士の皆さんに披瀝できる手段ができたことをうれしく思います。

馬仙人への過分のお言葉、恐縮ですm(__)m

白乃さんのヰタセクスアリス、興味深く拝読しました。

性は生なり。
一人一人顔が異なり、性格も、人生の歩みも異なるように、
性の好みや遍歴は人ごとに異なるものです。
白乃さんのマゾヒズムの誕生から、
今日にいたるまでの歩みを知り、
人の一生を俯瞰するような心地がいたしました。

実践経験はおありでないとのこと。
実践の紹介を中心とするブログやサイトは沢山あり、
「SM=実践」と考える風潮が強いように思われます。
そうした風潮こそが、
想像の世界のSMを弱めているのではないか、
と思われてなりません。

その中で、
文学研究と思索と妄想からなる貴ブログの存在は
極めて重要だと存じます。

貴ブログは、文章は勿論、
添えられた絵や写真も、頗る魅力的です。
今回の白人女性のお写真みも、
クラッときました。

今後ともよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。

そういっていただけると、本当にうれしいです。
仙人の激励が、一番私の自信になります。

画像に関しても、ネット上で拾ってくるだけですが、美意識の見せ所だと思って、こだわって載せていきたいと思っています。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://victoryofwhite.blog114.fc2.com/tb.php/43-fdbf2b9a

Top

HOME

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。