FC2ブログ

マゾヒズム文学の世界

谷崎潤一郎・沼正三を中心にマゾヒズム文学の世界を紹介します。

【詩集ノート】

母娘
母親を下女のように引き連れて歩く美少女。
母も、娘自身もその美しさを誇り、陶酔している。
長身にポニーテール。
白地に花柄のミニスカートからみずみずと伸びる脚。
白肌と黒髪を夕陽がただただ黄金色に輝かせる。
美しい。
この日このときこの場所に居合わせるために、私の人生はあったのではないか。

ドトールコーヒーにいたカップル
「ねぇ、さっき見てたでしょぉ私たちのキス」

少女はただ
少女はただ
そこに居合わせただけ
美しく生まれついてしまった体を
清楚な制服でさりげなく着飾っただけ
しかしそれが
見るものをどれだけ昂ぶらせ
またどれだけ傷つけるのかを
少女は知っているのか

Wilson
制服の少女たちが行く
ポニーテール
うなじまで焼けて
夕暮れまで汗をかき
まだ元気をもてあましているのか

1メートルほど後ろを
明らかに知的障害を抱えたとわかる
太った少年が
4人分のラケットバッグを下げてついていく

少年よ
夕暮れまで汗をかき
Wilsonと記されたラケットバッグを抱きかかえるようにして
少女たちのラケットバッグにつつまれているような
心地を私も味わった
Wilsonと記されたラケットバッグ
少女たちのラケットバッグ

863ab473.jpg
関連記事

« 『ある夢想家の手帖から』に紹介されている映画|Top|『ある夢想家の手帖から』全章ミニレビュー 第6巻「黒女皇」 »

コメント

この詩集ノートは白乃さんの実話の覚え書きでしょうか。ドトールコーヒーのは素敵ですねぇ。

Mmさん

たくさんのコメント本当にありがとうございます!
体験と妄想を混ぜたようなものです。
1ヵ月記事を書かないと広告が出てしまうのですが、なかなかネタがないので、いろいろ企画ものでしのいでいます…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://victoryofwhite.blog114.fc2.com/tb.php/78-12d7c450

Top

HOME

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる