FC2ブログ

マゾヒズム文学の世界

谷崎潤一郎・沼正三を中心にマゾヒズム文学の世界を紹介します。

近況

正直、マゾヒズム文学に対する情熱がなくなってしまいました。
村上芳正の展覧会も結局行かず…
三和出版の編集の方にも連絡を取っておらず、合わせる顔なし。
春頃は、Twitterやmixiで同士も増え、次は同人誌でも作ろうかなーなんて思ってたんですが、少し意気込みすぎたのかもしれません。
もうしばらく休むかもしれません。
ブログを消すことはないので、引き続き過去記事をお楽しみください…
関連記事

« マゾヒズムというドグマ―エムサイズ「超私立!女の子様学園」|Top|沼正三の白人崇拝(1)―英伊混血女性との文通 »

コメント

そうでしたか、発情には波がありますからね。あるいは性癖に変化があったのでしょうか? 私のほうは減退していますが変化はありませんw

鳥尾さん

いつもコメントありがとうございます。
波だと思います。

性欲の波というよりも、「書きたい」「読んでほしい」「共感したい」意欲の波、という感じですが。

人知れず発情しているほうが気楽なこともありますが、また波が寄せることを期待できそうですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://victoryofwhite.blog114.fc2.com/tb.php/86-a4026620

Top

HOME

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる